私は嫉妬する

2017/11/11

私の知り合いに、

「食べることに興味がない」

という人がいる。

仮にAさんとしておこう。

Aさんは私と同じ年であるが、ガリガリに痩せている。

きくと

「家にひとりでいると、食べる気がしないから、一日ゼリー一個だけで終わることもある」

「食べることが面倒」

というセリフがザクザク出てくる。

 

食べることが面倒?

 

こちとら、睡眠時間を削ってでも食べる派じゃい!!

 

なぜなら、おなかがすいていると眠れないからだ。

Aさんは若いときから、食への興味が薄く、美味しいものを食べたいという欲求はあるが、とにかく食べたいという気持ちは薄い。

だから、ダイエットをするという観念が理解できないという。

 

「だって食べなきゃいいじゃん!!」

 

私などは、「おなかがすいた」と感じたら、もう何もできない。

猛烈にそれしか考えられなくなり、そればっかりだ。

そして、すぐおなかがすく。

10代のころから、ずーーーーーーっと、それだ。

思考のほとんどが食べることにあると言っていい。

食べることばっかり考えてるよ!!

はい!!(やけくそ)